弁当の種類

弁当といってもその数は無数に存在しますなぜなら、個人個人で好きに作れるのが弁当からです。
幕の内弁当江戸時代(1603-1868)、町においては野山へ遊びに出かけたり、芝居に行くときなどに弁当は欠かせず、そのなかでさまざまな工夫を凝らした幕の内弁当が発達しました。「幕の内」とは、芝居などの幕間に食べることから呼ばれたのがはじめとされます。明治時代(1868-1912)になり、鉄道の駅で売るお弁当「駅弁」が登場しました。駅弁第一号は、1885年に栃木県宇都宮駅で売られた、梅干し入り握り飯といわれます。そして、現代へとなり、お弁当業者 給食業者などがたくさん出てくるのもこのころからです。そして、コンビニ時代へとうつっていきます。すると、ながれは、コンビニが主流となっていくのです、そして、家庭用お弁当とすみわけてお互いが発展していきます。昨今では ネットを通じてさまざまな弁当の交流も生まれています。また、生活を助けることや 栄養面などの側面からもお弁当は見直されてきているのです。そして、それらが今後 発展をとげていくには、もっと様々な人が利用していくことが大切なのです。