弁当とレパートリー

日本ではその利用する目的で弁当というもののスタイルが変化しています。日本人の暮らしと弁当
まず女子社員のお弁当は小さな箱にはいっているのが特徴です。一方では、働くお母さんが多くなったために、デパート、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、弁当専門店などでも弁当が売られるようになりました。定番の幕の内弁当のほか、中華弁当、洋食弁当など豊富な種類のお弁当が売られています。また飲食店でも、日本料理店に限らず、さまざまなレストランが持ち帰り弁当を作って売り出しており、レストランのシェフの味を自宅でも手軽に楽しめるようになりました。サラリーマンのお弁当はボリューム感があります。お弁当は学校や会社などのほか、行楽、家庭の簡単なもてなしや多人数の会食にも多く利用されます。お弁当を食べながら作った人の気持ちを思う。お弁当は作り手と食べる人のコミュニケーションの役割を果たしているわけです。特に夫のため妻が作る弁当を「愛妻弁当」ということがありますが、家庭で作ったお弁当は家族の愛の味と言えるでしょう。日本では、昼食には、給食の学校とお弁当を持っていく学校とさまざまです。お弁当を持っていく場合、お母さんが作ってくれることが多いのですが、女子のなかには頑張って自分で作ったお弁当を持参する生徒もいます。社会人でも、お弁当を持って通勤している人は少なくありません。