「日本の弁当チェーン店」

 

弁当にはさまざまな種類がありますよね。それだけでなく、日本以外の各国でも弁当は使用され、各国に合った弁当になっています。その中でも日本には代表的な弁当専門店チェーンがあります。

今回は日本の弁当チェーン店について紹介していきたいと思います。

まず日本にはさまざまな弁当専門店チェーンがあります。一つ目は、「オリジン東秀」です。この「オリジン東秀」というのは、惣菜や弁当の製造、販売を中心としたイオンの子会社になります。

次に「ほっかほっか亭」です。「ほっかほっか亭」は、業界チェーン3位の店舗で、ほっかほっか亭総本部がフランチャイズ展開を行っている、持ち帰りができる弁当チェーン店です。皆さんからは、「ほか弁」や「ほっか」などと呼ばれています。「ほっかほっか亭」のキャッチフレーズは「わたしの街の台所」です。

次に本家かまどやです。本家かまどやは、業界2位の店舗で、兵庫県神戸市の中央区に本社を置いている持ち帰り弁当チェーン店運営会社です。西日本地域を中心に、役2300店舗を展開しています。

最後に、「ほっともっと」です。「ほっともっと」は業界チェーン1位のチェーン店で、東日本地区を中心に日本全国や、中国、及び韓国に店舗を展開している持ち帰り弁当チェーン店です。日本の持ち帰り弁当業界で最大の店舗数を誇っています。

 

このように、弁当チェーン店はさまざまなものがあり、日本だけでなく、海外の方でも活躍しています。